ゼッタイに失敗しないための看護師転職。〜ウラのウラのウラまで〜

子供がいる人の看護師転職事情

私は看護師をしているので、子持ちのお母さんなどからは「いいなー。仕事がいつでもあるでしょ」などと言われます。確かに、看護師は求人情報が途切れることがないです。慢性的に人手不足であるというのは数十年前から変わっていませんし、就職先を見つけるのは比較的カンタンと言えます。
しかし!結婚していて子供がいる方になると一般企業と同じように、壁があります。子供がいても大丈夫です!とはっきりと言い切ってくれるような、懐のおおきい病院はあまりないと考えていたほうがいいでしょう。
最近は託児所が併設された病院も増えてきて、看護師にとっては便利になってきました。これは看護師が働きやすくして退職するのを防ぐためだと思われます(^_^;)それぐらい人手が不足するのは困る職場ということです。
個人病院などであまり規模が大きくないところは、小学生以上のお子様なら大丈夫ですが、小さな乳幼児がいるご家庭ではなかなか厳しいかもしれません。子供が生まれてから転職するのではなく、結婚した時などに子育てしやすい雰囲気の病院に転職しておくとよいでしょう。募集要項を見る時は「育児休暇制度あり」など、はっきりと明示してある病院を選ぶと間違いないと思います。

 

関連したサイト